エンタメ

韓国映画「徐福」日本公開はいつ?パク・ボゴムとコン・ユの撮影秘話とロケ地も

この記事では、韓国映画「徐福」の日本公開日はいつなのか?を検証しました。

韓国では、2020年12月に封切になります。

そして、日本公開も気になりますが、主演コン・ユさんとパク・ボゴムさんの撮影秘話も知りたいですよね?

ロケ地にある人からプレゼントが届けられたのですよ~♪

そんなエピソードも交えてお送りします。

それでは、最後までお楽しみください。

あっ!もちろん韓国映画「徐福」の内容にも触れています。

最後までお読みいただけるとうれしいです。

それでは、はじめましょう~♪

 

韓国映画「徐福」日本公開はいつですか?

 

韓国映画「徐福」の韓国での公開は12月ですが、日本ではいつ公開されるのでしょうか?

実は、まだ発表になっていません。

韓国映画は、韓国で公開されれば比較的すぐに世界でも公開されています。

しかし、韓国映画が日本で公開されるまでは、異例中の異例「新感染」ですら5か月かかっています。

通常は、最短でも10か月です。

情報が入り次第追記しますネ。

 

韓国映画「徐福」の読み方は?

 

「徐福」の読み方は、日本語では「じょふく」ですよね?

しかし、韓国語では「ソボク」と読みます。

「徐福」とは、実在した伝説の人物で、秦の始皇帝からある密命を受けてアジア各地を旅した人です。

来日もされて、日本で亡くなったのかお墓まであります。

密命の内容は、「不老不死の薬を捜せ」。

秦の始皇帝は、亡くなってるので見つからなかったようですネ。

そして、「徐福」をタイトルにしているこの映画のキーワードが「不老不死」です。

 

韓国映画「徐福」パク・ボゴム

https://youtu.be/lFUG1xVPHoo

 

韓国映画「徐福」はW主演でキャスティングされています。

現在は、兵役に就かれているパク・ボゴムさんとコン・ユさんが重要な主人公を演じているのです。

主人公の一人、人類初のクローン人間の名前が「徐福」。

「徐福」は、国家が内密に作った人類初のクローン人間です。

クローン人間を演じるなんて前代未聞ですよね?

パク・ボゴムさんは相当悩まれたと思います。

韓国の国民はエンターテイメントにとても厳しい目を持っているので、コケれば叩かれてしまいます。

いったいどのように演じているのでしょうか?

ロボットのように?

それとも、人間に変わりはないので、普通に演じているのでしょうか?

こんな難しい役を引き受けた理由は、コン・ユさんだとも言われています。

コン・ユさんと共演したい俳優はたくさんいると思います。

パク・ボゴムさんもコン・ユさんと純粋に共演を望まれたのかもしれません。

そして、「徐福」のオファーが来た頃にはすでに2020年8月からの入隊が決まっていたはずです。

入隊前にファンのみなさんに新しいパク・ボゴムを見せたいと思ってくれたのではないでしょうか?

実際、パク・ボゴムさんが入隊してしまった、2020年10月現在は、ファンはとても寂しい思いをしています。

しかし、ドラマ「青春の記録」がネットフリックスで配信されていますし、韓国映画「徐福」も封切りになるのでとても癒されていると思います。

パク・ボゴムさんが演じる人類初のクローン人間「徐福」は、映画のストーリーでは多くの組織に狙われます。

そして、守ってくれるのがコン・ユさんが演じる国家のエージェント、ギホンです。

「徐福」を巡る激しい争奪戦の理由は、どうやら「徐福」がもつ不老不死の手掛かりのようですが、これは推測なのでぜひ、劇場でお確かめください。

 

韓国映画「徐福」コン・ユ

 

主演コン・ユさんを先に書くべきでしたが、今回は「徐福」を演じるパク・ボゴムさんに花を持たせて2番目に書かせていただきます。

コン・ユさんが演じるのは、国家の元情報局員ギホンです。

ギホンは自分の命が残り少ない事を知ります。

そんなギホンに命ぜられたのは、人類初のクローン人間「徐福」をなんとしても守り抜くことです。

コン・ユさんは、撮影後にこのようにコメントをされています。

「ギホンの激しい動きが物理的に撮影がカンタンではなかった。」

「徐福」を守るために激しいアクションシーンがあったようですね。

コン・ユさんは、鍛え上げられた肉体美で有名です。

あれほど鍛えている人でも疲労困憊する撮影だったということです。

どんなにすごいアクションシーンなのかとても気になります。

ほんとに楽しみですよね~♡

 

超話題作の演出はイ・ヨンジュ監督が担当されます。

イ・ヨンジュ監督は、「建築学概論」が代表作に挙げられます。

「建築学概論」は、恋愛映画では初めて観客動員数400万人を突破させた大ヒットメーカーです。

綿密な構成でストーリーを作っていき必ず面白い作品に仕上げるだろうと誰もが期待しています。

韓国映画と言えば南北対立等の社会問題を取り上げたジャンルが目立っていました。

しかし、韓国映画では珍しいクローン人間が主人公の映画「徐福」は、新しいジャンルへの挑戦になると思います。

 

韓国映画「徐福」コン・ユの撮影秘話

 

コン・ユさんとパク・ボゴムさんがW主演で撮影が行われた「徐福」は、2020年12月に公開日が決まりました。

撮影は、2019年の夏から秋にかけてでした。

コン・ユさんが演じた元情報局要員ギホンは自分の命が残り少ないことを知ります。

ギホンが自分の人生最後の任務として引き受けたのが、クローン人間「徐福」を守ることでした。

公には公表されていないクローン人間「徐福」は、予期せぬいろいろな事件に巻き込まれていきます。

ギホンが守っている「徐福」には、ある秘密があるため、それを手に入れようとする勢力になんども追い詰められます。

撮影後のインタビューでコン・ユさんは、撮影では疲労困憊したと述べています。

ギホンの激しい動きが物理的に撮影がカンタンではなかった。

コン・ユさんが演じているギホンは、国家機関のエージェントです。

なんとしてでも「徐福」を守り抜くために、争奪しようとする組織と争うシーンが多かったのだと推測できます。


アクションシーンには、定評があるコン・ユさんですら疲労困憊するなんてどんなに激しいアクションなのでしょうか?

コン・ユさんは、演技では一切手を抜かないタイプの俳優さんです。

ギホンという役柄に全力を尽くし、恐ろしい程の集中力で挑まれたからこそカンタンではなかったのでしょう。

 

韓国映画「徐福」撮影現場はどこ?

 

韓国映画「徐福」が撮影されたのは、全羅(チョルラ)北道の全州(チョンジュ)市にある全州映画総合撮影所です。

カンヌ国際映画祭で最高賞を得たポン・ジュノ監督作品の『パラサイト』も、全州映画総合撮影所で撮影されています。

すばらしいセットを持っているのが、この撮影所の特長です。

トッケビで共演したイ・ドンウクさんからのケイタリングコーヒーカーの差し入れです。

 

最後に

 

今日、2020年10月21日に韓国映画「徐福」が韓国で12月に公開される報道を受けて、日本での公開がいつになるのかを検証しました。

公表されていませんが、きっと早めに公開してくれるだろうと推測しました。

この記事では、韓国映画「徐福」の日本公開を調べると共に、主役のコン・ユさんとパク・ボゴムさんの撮影秘話もお届けしました。

そして、ロケ地に届けられたある人からのプレゼントとは、トッケビでコン・ユさんと共演したイ・ドンウクさんからのケイタリングコーヒーカーの差し入れでした。

最後までお読みいただけてとてもうれしいです。

ありがとうございました。

日本で「徐福」が公開になったら是非、観に行きましょうネ♪

とても楽しみです。

 

パク・ボゴムさんやコン・ユさんも体を鍛えています!

あなたもスリビアでスレンダー美人になりましょう💝

定期コースだけど1回で解約OK!

1か月500円だけでもやってみない?

[スリビア]ほんとに痩せるの?実際試した体験談

 

いつものコーヒーをドクターコーヒーに変えるだけでカンタンダイエット

★★解約いつでもOK!★★

▶︎500円キャンペーンの詳細はこちら

↓こんなに入って500円↓

 


⭐️腸内にヤセ菌を増やしてくれるドクターコーヒー⭐️

置き換えダイエットで成功者続出

話題の中鎖脂肪酸が入ってます

 

K-POPアイドルのようなすてきな髪に💕

💝500円で試せます💝

1回だけのトライアル

サロンの仕上がりエメリルシャンプー

にほんブログ村に参加しています♡